11月20日(木)から宮崎県にあるフェニックスCCで開催される、国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」に米ツアーに主戦場を置く石川遼、松山英樹が出場を表明した。今大会には米ツアーでしのぎを削る同世代ライバル、21歳のジョーダン・スピース(米国)も出場が決定。日米の若手スターの競演に注目が集まりそうだ。

ダンロップフェニックスにJ・スピースが参戦!遼、松山も出場へ
 石川は主催者を通じてコメントを発表。「2年ぶりにダンロップフェニックストーナメントに出場させて頂くことになりました。2年間の成長をファンの皆様に披露出来ればと思います。今年は、ジョーダン(スピース)も出場するということで大会を盛り上げ、エキサイティングなプレーを出来るように頑張ります!」とスピースとの日本での戦いに意気込んだ。

 ダンロップ契約のホストプロとなる松山も「ダンロップフェニックスは40年の歴史の中で日本人選手が6人しか勝っていない試合です。僕にとって勝ちたい試合のひとつですし、勝たなければいけない試合だと思っています」とコメントを発表している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>