<アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント 初日◇28日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>

 最終日の大叩きから1年…雪辱を果たすべく19歳の新鋭が好スタートを決めた。国内男子ツアー「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」の初日。午後組でスタートした稲森佑貴が後半だけで5つのバーディを奪う猛チャージで“66”をマーク。初優勝に向けて首位と1打差の2位タイと好スタートを切った。

“オリンピック選手”が生んだ精神的成長!富村真治が初シード獲得へ好発進
 稲森は昨年大会で初日首位発進。スター不在が叫ばれる国内男子ツアーの中にあって、当時18歳の新鋭が見せた快進撃には目を見張るものがあった。しかし、悪天候の影響で競技が54ホールに短縮されるなど、イレギュラーな状況が重なる中で稲森は最終日に“77”の大叩き。順位を34位タイまで急降下させて大会を終えていた。

 「正直すごく緊張しました。過緊張の状態というか…最終組の1つ前というのも初めての経験でしたが、身体は正直ですね。歯車が1つも噛み合いませんでした」。この日のラウンド後、記者会見に出席した稲森は1年前の自分をこう振り返った。

 それでも芥屋ゴルフ倶楽部との好相性は変わらなかった。この日の稲森は5番でボギーを先行させたが、7番、9番とバーディを奪い、アンダーパーのスコアでハーフターン。すると、バックナインでは残り6ホールで5つのバーディを奪う猛チャージを披露。瞬く間にリーダーボードを駆け上がり、昨年の初日スコア“67”を上回る“66”でホールアウトした。

 「去年のことは意識しないで目の前のことに取り組みました。ミスをしないことよりも、自分のできることをやろうと思いました」とプレーを振り返った稲森。この日のラウンドではボギーを先行させたが、「不思議と冷静さを保てていて…」とすぐさまバーディを取り返し、2年連続での好発進に成功した。

 「あれから1年経ったので、1日1日が新しい日というか、日々成長できていると思います」。昨年の最終日が稲森にとって悔しい経験であることは間違いないが、それも含めて成長を促す大きな糧となっている。「また明日ゼロからスタートする気持ちでやっていきたいです」。昨年の雪辱を果たし、1年越しの悲願を叶えることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>