<アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント 3日目◇30日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」の3日目。この日はサスペンデッドとなった第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われ、初日から首位に立つ金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)がスコアを1つ伸ばして首位をキープ。1打差の単独2位に野仲茂、さらに1打差の3位タイには竹谷佳孝とW・リャン(中国)がつけている。

メジャー覇者の竹谷佳孝、初のWGCで得た強さとモチベーション
 以下に主な選手のコメントを掲載する。


○金亨成(トータル11アンダー単独首位)
「疲れました。18番のボギーはパワーがないです。本当に風も強くて今日は難しかった。ドライバーだけが右に左にいくことが多くて…本当にドライバーだけですね。ただ、チップインの時に運がありました。ボールポジションが順目で楽でしたね。ピンを抜いて狙いました。今週4度目ですね。(新しい)59度で打ったんですけど、ハンパじゃないですよ!(優勝にむけて)自信はあります!アメリカの経験があるし、有名な選手と回っても、自分と変わらなかったから自信ありますよね。僕のゲーム、ゴルフをするだけです」。

○W・リャン(トータル9アンダー3位タイ)
「風が強くてアップダウンのあるコースなので、アウトコースはドライバーでフェアウェイをキープするのが難しかったです。アウトは1アンダーを目指してプレーしました。インコースに入ってアイアンもパターも調子が良くなってほとんど1パットで決められましたね。あまり考えずに1つ1つ丁寧にプレーしたいですね。このコースは忍耐強くプレーすることが大切だと思います」。

○深堀圭一郎(トータル7アンダー8位タイ)
「バーディいっぱいありましたね!今週は開幕戦の気分ですよ。今日はパットが入りましたね。ゴルフ覚えたのがコーライグリーンなんですが、若い頃はホントに良いコーライグリーンで回らしてもらったので。(明日は)精一杯自分のゴルフをするしかないと思っています。楽しみです」。

○武藤俊憲(トータル7アンダー8位タイ)
「いや〜復帰戦でこういうゴルフができるのは気持ちいいですね。我慢した甲斐がありました。オフの間にタテの距離感が合うようになりました。怪我の間、トレーナーとも話して、いい休みだと思えばという話をしていましたし、自分にとってはいい休みになったと思います。(明日は)当面は4日間ちゃんとゴルフをすることが目標です。3日終わったばかりですし、4日間やってどういうゴルフができるかですね」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>