<世界女子アマチュアゴルフチーム選手権 最終日◇6日◇軽井沢72ゴルフ東コース>

 「朝から体が動かなかった…」、強心臓が売りの勝みなみがプレッシャーに屈した。

アマ世界No.1を擁するオーストラリア代表が大逆転!3度目の世界アマ制覇
 長野県の軽井沢72ゴルフ東コースを舞台に開催された「世界女子アマチュアゴルフチーム選手権」の最終日。日本代表は首位と6打差の3位タイから逆転を狙ったが、岡山絵理がイーブンパー、勝と松原由美が3オーバーとそろってスコアを崩した。

 チーム戦では上位2選手のスコアを採用するため、この日の日本代表のスコアは3オーバー。大事な最終日にスコアを落とす結果となり、トータル14アンダーで終戦。自国開催の大会で初の優勝、または過去最高の4位を上回る成績を出したかったが、結果は8位タイと無念の結果に終わった。

 勝は出だしで連続ボギーを叩き「メンタル的に苦しくなりました」とリズムを崩すと、7番パー3ではティショットを痛恨の池ポチャ。ここでもボギーとしてしまう。ショット、パット共に精彩を欠きこの日はスコアは“75”。チャージは不発に終わった。

 「団体戦では自分のボギーがみんなの迷惑になってしまうので…」、52年ぶりの自国開催、そして慣れない団体戦。この日は大勢のギャラリーに囲まれてのプレーとなったが、それもプレッシャーになってしまったようだ。

 最終日にスコアを落とすふがいない結果に、試合後は涙にくれた3選手。大舞台での失敗は心の傷になるだろうが、これもまたひとつの貴重な経験。「心の弱さから大事なパットを決められなかった」と話した勝。次はこれまた大舞台の韓国で行われるアジア大会。開幕は今月19日と時間はないが、それまでに練習を積み、失った自信を取り戻すしかない。

【最終結果】
○チーム戦
優勝:オーストラリア(-29)
2位:カナダ(-27)
3位:韓国(-26)
4位:デンマーク(-20)
5位T:アメリカ(-19)
5位T:スウェーデン(-19)
7位:メキシコ(-16)
8位T:日本(-14)
8位T:イングランド(-14)

<ゴルフ情報ALBA.Net>