<ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 初日◇5日◇みずなみカントリー倶楽部(6,520ヤード・パー72)>

 岐阜県にあるみずなみカントリー倶楽部にて開催中の国内女子ツアー「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」。単独首位からスタートした大山志保がそのまま逃げ切り完全優勝で幕を閉じた。

LIVE PHOTOで今大会を振り返る!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。


○葭葉ルミ(トータル13アンダー3位タイ)
「このようなスコアで終われたのは良かったです。ここ3週連続で予選落ちしていたので、体調的に今週は休もうかとも思っていたんですけど自信がつきました。来週から頑張れそうです」。

○イ・ナリ(トータル13アンダー3位タイ)
「ショットに自信がついてショットメーカーな感じでプレーできました。4連続で入れて大山さんのスコアをちょっと意識しましたけど、17番でボギーを打ってしまいダメでした。もっと練習してまた頑張りたいです」。

○香妻琴乃(トータル12アンダー単独5位)
「途中まで伸ばしていけたけど、16番でボギーだったので、あまり満足なラウンドではなかったです。(シード権獲得にぐっと近づきましたが)賞金は獲得できましたが、今年は今年で成績を出したい、優勝したいというのが目標なので、それに向かって次に活かして行きたいです」。

○森田遥(トータル3アンダー31位タイ ※ベストアマ獲得)
「最終日はいつも悪いです。原因は緊張がほぐれる部分かもしれません。コースに慣れてきて…アメリカに行く前にもう一回ちゃんと練習したいです。打ち込みと、体力を取り戻すためフィジカルトレーニングしたいです」。

○蛭田みな美(トータル2オーバー53位タイ)
「ショットは前からダメだったんですけど、昨日まで救ってくれたパターは今日はダメでした。ツアーの3日間でスコアをまとめるには、まだまだだと思いました」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>