静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部山名コースを舞台に12日(金)から開催される「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」。国内最高額に並ぶ優勝賞金4000万円がかけられた今大会に石川遼が急遽出場することになった。

片山晋呉がホスト!規格外マッチプレー大会いよいよ
 今大会には主催者が推薦した32選手が出場。これまではその内30選手のみが発表されていたが、石川と共に塚田陽亮の出場も決定。大会を4日後に控え、出場する全32選手が明らかになった。

 今大会は国内では11年ぶりとなるマッチプレー形式の競技。18ホールマッチプレーの競技が12日(金)から順次開催され、3日間の日程で争われる。優勝者には賞金4000万円の他に、グローバルチャレンジサポートとして1000万円、そして来年度の欧州ツアー「ハッサンII世トロフィ」への出場権が付与され、ツアー外競技ながら規格外の規模を誇っている。

 開幕前から大きな注目を集めている今大会だが、石川の参戦によってさらなる話題を呼びそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>