<片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 事前情報◇11日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(7,048ヤード・パー72)>

 ツアー外競技ながら国内最高規模となる優勝賞金4000万円を誇るビッグトーナメント「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」が12日(金)に開幕。戦いの舞台となる葛城ゴルフ倶楽部に所属する藤田寛之は11日(木)、プロアマ大会に出場し、慣れ親しんだコースを最終チェックした。

【関連リンク】トッププロが見せた十人十色のスーツ姿!前夜祭の模様をフォトギャラリーで
 葛城ゴルフ倶楽部は毎年、国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」で使用されている。春先ということもあり、グリーンは硬く速く仕上げられ、女子プロたちを苦しめている。しかし、コースを知り尽くした藤田が分析する現在の葛城ゴルフ倶楽部は「状態として100%出し切れていない」。

 「ヤマハレディースよりセッティング的に苦労しているのかな。難しい時期ですけど、グリーンのコンパクションが出ていない感じ」。通常、夏場は雨量や芝の生育条件などによってグリーンの整備が非常に難しい。名門・葛城ゴルフ倶楽部にとってもそれは例外ではなく、グリーンのスピードは出ているものの、男子プロが戦うフィールドとしての硬さは出せていないのが現状だ。

 しかし、だからこそ試合はエキサイティングなものになる可能性が高い。藤田も、「こういう状況だから、バーディでアップする展開になるでしょうね」とバーディ合戦での戦いを予想した。長く伸びたラフや戦略性の高いコースレイアウトなどボギーを叩きやすい条件も揃っているが、今大会ではトッププロたちのパワーと技術がぶつかり合う激しい戦いになりそうだ。

 尚、藤田は1回戦で塚田陽亮と対決するが、「対照的な2人なんで、向こうも嫌でしょうし、自分も嫌と思ってる。どういう戦いになるか、逆に面白いですね」とコメント。パーをキープする粘り強いプレーが身上の藤田と、飛距離を武器に攻めのゴルフを展開する塚田。コースの状態からはバーディ合戦となることが予想されているが、コースを熟知した藤田は果たしてどのようなプレーを見せるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>