<ツアー選手権 初日◇11日◇イースト・レイクGC(7,307ヤード・パー70)>

 プレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」がジョージア州にあるイースト・レイクGCを舞台に開幕。松山英樹は1イーグルを奪うも5ボギーを叩き“71”でホールアウト。20位タイで最終戦の初日を終えた。

 「今日は良いところ悪いところが出たかな」という松山。その良いところが出たのがフロントナイン、4番でボギー先行させるも8番で4メートルのバーディパットを決めイーブンに戻す。そして続く9番で2オンに成功させると、「ああいうパットが入ると乗っていける」と5.5メートルのパットを沈めイーグル。この時点でトップタイに立ち折り返す。

 しかし良い流れで入った後半だったが10番でセカンドショットをバンカーに入れ3オン。パーパットを決められずボギーを叩くと、13番でも3パット。15番でバーディを奪うも16番で1.5メートルのパーパットはカップを捉えられず。続く17番でもスコアを落とし、1イーグル・2バーディ・5ボギーでホールアウト。首位と5打差で2日目を迎える。

 今日のラウンドを振り返り「もうちょっと行けたかな」という松山。それでもトータル1オーバーで回れたことに対しては「粘ることはできた」と一定の評価を与えた。「ティショットをパッティングが課題」と明日への修正点を見つけ最終戦の初日を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>