<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目◇12日◇美奈木ゴルフ倶楽部(6,645ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の2日目。首位と3打差の17位タイから出た成田美寿々はこの日7バーディ・5ボギーの“70”と出入りの激しいゴルフを展開。スコアを2つ伸ばし3位タイに浮上したが、鈴木愛が“67”の猛チャージをみせたため、首位との差は5つに開いた。

LIVE PHOTOで大会2日目を振り返る!!
 「1日4つのバーディを目指している」成田はこの日7つバーディを量産。「昨日2つしか獲れなかったので、今日は6個と思ってました。7つ獲れたので上出来ですね」とバーディ数には満足した。

 ボギーの多さには本人も苦笑だったが「タフなセッティングの割には自分の武器であるバーディ数は獲れている。自分のゴルフは通用していると思う」とプレーには手ごたえを得た。パッティングも好調で、あとは「アプローチさえ修正できれば」と修正点は明確になっている。

 「まだ2日あるし、どうにでもなると思う。ジワジワ付いていって、最終日に逆転がいいかな」と決勝ラウンドでの巻き返しを狙う成田。賞金ランク現在首位のイ・ボミ(韓国)は6位につけており、差を大きく縮めるには優勝が欲しいところだ。

 ボギーは多かったが、グリーンが硬くなり多くの選手が苦戦する中でしっかりスコアは伸ばせた。明日「終わって2打差以内にいれれば」、虎視眈々と今季2つ目のメジャータイトルを狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>