<エビアン選手権 2日◇12日◇エビアン・リゾートGC(6,476ヤード・パー72)>

 エビアン・リゾートGCを舞台に開催中の欧州女子ツアーと米国女子ツアー共催今季最終のメジャー大会「エビアン選手権」2日目。4位タイからスタートしたブリタニー・リンシコム(米国)がこの日もスコアを6つ伸ばし、この日スコアを落としたキム・ヒョージュ(韓国)を交わして単独首位に浮上した。

 単独2位は1打差でそのキム。そのキムと2打差のトータル7アンダーの3位にM.J.ハー(韓国)が入り、リー ウェブ(オーストラリア)とスーザン・ペターセン(ノルウェー)がトータル6アンダーの4位タイにつけている。

 日本勢最高位は宮里美香のトータル1アンダー19位タイ。次いで横峯さくら、上原彩子がイーブンパーの26位タイにつけている。宮里藍はこの日も6つスコアを落としトータル9アンダーで、野村敏京も8つ落とし予選落ちとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>