<片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 2日目◇13日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(7,048ヤード・パー72)>

 国内では11年ぶりの開催となるマッチプレー競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」。2日目の競技を終了して、松村道央、竹谷佳孝、近藤共弘、藤本佳則がベスト4進出を決めた。最終日には準決勝の競技を行った後に、決勝戦と3位決定戦が実施される。

新規大会の思わぬ罠 選手を襲う“2ラウンドの洗礼”
 以下に主な選手のコメントを掲載する。

藤本佳則(2回戦で谷原秀人に19ホール1アップ、3回戦で藤田寛之に2&1で勝利)
「良い、悪いがはっきりしているので、マッチプレー向きかもしれないです。やってて面白いですし、ストロークとはまた違ったゲームなので面白いですね。(3回戦で藤田と)ショットはみんな上手いので、パットの勝負でしたね。1つ入っていればまた違った結果になったかもしれないですし、(運が)ついていたかなと思います」。

竹谷佳孝(2回戦で星野英正に18ホール1アップ、3回戦で薗田峻輔に5&4で勝利)
「薗田くんは待ち疲れしちゃったかもしれないですね。待つっていうのは中断の時とかもあるけど、リズムを作るのが難しい。相手はテンションが低い可能性があるけど、僕はしっかりやろうと思いました。(マッチプレーの経験)学生の頃は4年間、1年に1回やっていて、日本アマみたいに勝ちあがった人たちでマッチプレーをやっていました。1年生の時はダメでしたが、2、3回勝てたと思います。だから、ポジティブに、得意だと思ってプレーしました」。

近藤共弘(2回戦で塚田好宣に5&3、3回戦で山下和宏に2&1で勝利)
「昨日の1回戦も今日も負けを覚悟してやっていますよ。ショット自体は、やりたいことができるようになっているし、その中で、マッチプレーとしての駆け引きもある。前半、ペースをつかめなかったものの、後半は開き直れたので、それが良かったかもしれない。(体力的に)みんなきついとは思いますが、藤本とは一回りも違うし…そういう年になったんですね。昨日もエキストラホールまで行ってますし、明日もきついとは思います」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>