<片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 最終日◇14日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(7,048ヤード・パー72)>
 
 新設のマッチプレー競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレマッチプレー選手権」の最終日。2日目を勝ち抜いた4人により準決勝が行われファイナリスト2人が決定した。

松村道央、スイング回帰で得た“優勝できる”フィーリング
 松村道央と竹谷佳孝のマッチ1は白熱した接戦となった。試合中盤で連続アップし1アップリードした竹谷が有利に試合を展開する。しかし終盤で松村が巻き返し最終18番でオールスクエアに戻しエクストラホールに持ち込んだ。そして迎えたエクストラホールの2ホール目で松村がバーディを奪い勝利、接戦を制した。

 続くマッチ2では藤本佳則と近藤共弘が対決。4番を奪い先制した藤本が終始試合をリード。その後逆転されることなく1ホール残し、2&1で近藤を下した。これにより松村と藤本が決勝へ進出、賞金4000万円をかけて決勝を戦う。

【準決勝の結果】
松村道央 ○1UP × 竹谷佳孝
近藤共弘 ×2&1○ 藤本佳則

<ゴルフ情報ALBA.Net>