<エビアン選手権 3日目◇13日◇エビアン・リゾートGC(6,476ヤード・パー72)>

 今季の海外女子メジャー最終戦「エビアン選手権」の3日目。2日目2位に後退したキム・ヒョージュ(韓国)は、この日も4バーディ・5ボギーの“72”で1つ落とし通算8アンダーとするもほかの選手も伸ばすことができず単独首位に再浮上した。

 1打差の通算7アンダー単独2位にカリー・ウェブ(オーストラリア)。続く通算6アンダー単独3位にはM.J.ハー(韓国)がつけた。さらにアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)とマリアージョ・ウリベ(コロンビア)が通算5アンダーで4位タイ。通算4アンダー6位タイにリディア・コ(ニュージーランド)、ブリタニー・リンシコム(米国)ら4人が並んだ。

 また、日本勢では上原彩子が通算1アンダーで15位タイで日本勢最高位。宮里美香と横峯さくらは通算4オーバーまでスコアを落とし41位タイとした。

【3日目の結果】
1位:キム・ヒョージュ(-8)
2位:カリー・ウェブ(-7)
3位:M.J.ハー(-6)
4位T:アンナ・ノルドクビスト(-5)
4位T:マリアージョ・ウリベ(-5)

15位T:上原彩子(-1)他3名

41位T:宮里美香(+4)
41位T:横峯さくら(+4)他4名

<ゴルフ情報ALBA.Net>