<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇14日◇美奈木ゴルフ倶楽部(6,645ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」は20歳の新鋭、鈴木愛の優勝で幕を閉じた。

LIVE PHOTOで「日本女子プロゴルフ選手権」を振り返る!!
 宮里藍が持っていたこの大会の最年少優勝記録、21歳と83日を20歳と128日で更新した鈴木。もともと小学生時代の2004年に宮里が「サントリーレディス」で優勝したのをテレビで見て「ゴルフを始めようと思った」という。

 将来はアメリカ挑戦を考えているそうだが、そのきっかけは2008年にフランスで開催された「エビアン・マスターズ」のジュニア大会に出場時に、上田桃子と記念撮影をしてもらったのがきっかけ。「その時の写真はリビングに飾ってあります」と大切な思い出の品に。しかし、その時の話をこの日同組で回った上田には「タイミングがなくて(笑)」していないそうだ。

 目標としている選手は米国で賞金女王を獲り、今は国内ツアーに参戦している申ジエ。「ボギーを叩いても、ダブルボギーを叩いてもニコニコしてて、そういう風にできるのはすごいですね」、尊敬の念を抱いているという。

 申は「新人の選手がベテラン選手に囲まれている中優勝したのはすごいこと。本当におめでとうと言いたい。これからいろんなプレッシャーがかかってくると思う。でも、これからもメジャーチャンピオンらしくプレーをしてほしいし、これからもっと良い選手になって欲しい」と鈴木にエールを贈った。

 ゴルフを始めるきっかけとなった宮里の記録を塗り替え、憧れの選手、上田と申に競り勝っての優勝。鈴木にとっては本当に価値のある初勝利となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>