<FedExCupポイントランキング>

 米国男子ツアープレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」が終了し、今シーズンが終了。今年の年間王者には第3戦と最終戦で2週連続優勝をはたした27歳のビリー・ホーシェル(米国)が輝いた。

【舩越園子コラム】負のプチ・スパイラル
 2位にはクリス・カーク(米国)、年間王者の最有力候補と見られていた今季メジャー2勝のローリー・マキロイ(北アイルランド)は3位に終わった。日本人としては6年ぶりに最終戦まで戦った松山英樹は28位で今シーズンの戦いを終えた。


【FedExCupポイントランキング最終結果】
1位:ビリー・ホーシェル(4,750pt)
2位:クリス・カーク(3,100pt)
3位:ローリー・マキロイ(3,050pt)
4位:ジム・フューリク(2,450pt)
5位:バッバ・ワトソン(2,285pt)
6位:ハンター・メイハン(1,835pt)
7位:ジミー・ウォーカー(1,668pt)
8位:マット・クーチャー(1,300pt)
9位:リッキー・ファウラー(1,225pt)
10位:ジェイソン・デイ(1,200pt)

28位:松山英樹(475pt)
※最終戦以前の獲得ポイントはリセットされ、この試合の順位に応じたポイントが新たに再配分されたもの

<ゴルフ情報ALBA.Net>