<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇18日◇新南愛知CC美浜C(6,375ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」が愛知県にある新南愛知CC美浜Cを舞台に19日(金)から開催される。先週のメジャー第2戦目「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を大会最年少で制した鈴木愛はこの日、自身初となるレギュラーツアーのプロアマに参加、最終調整をした。

鈴木愛、憧れの選手たちに競り勝ちメジャー制覇
 優勝の余韻を家で浸るヒマもなく兵庫から愛知に移動したという鈴木。自宅にはたくさんの花束をはじめとするお祝いが届いているというが「まだ見られていないです」。一緒に暮らしているのおばあちゃんが対応してくれていると言い、「おばあちゃんは花好きなので喜んでいると思います」と笑った。

 また、試合への入り方も劇的に変化。練習日からひっきりなしに取材が入っている状態だが「緊張もしないし楽しくできています」と嫌な顔を見せず取材を受ける姿からはメジャー覇者の風格を感じさせる。今までのような過ごし方ではなくなっているが「取材が増えても、今のところは練習や身体のケアに当てる時間は問題ないです」と調子を落とすことなく試合に臨める状態のようだ。

 2週連続Vがかかる今大会だが、まずは予選突破を目指す構え。「ここ最近、予選落ちしていないので普通にやれれば」と自信はある。明日からは若きメジャー覇者を見ようと多くのギャラリーが鈴木の組に付くことが予想されが、そんな状況でも鈴木は“今まで通り普通に”と自然体で戦う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>