<ANAオープン 最終日◇21日◇札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」の最終日。全選手がハーフターンを終え、この日首位からスタートした宮本勝昌が5バーディ・1ボギーで通算17アンダーまで伸ばし単独首位に躍り出た。

 2打差の通算15アンダー2位タイには谷原秀人と金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)の2人。続く通算14アンダー3位タイには藤田寛之、藤本佳則、イ・サンヒ(韓国)の3人がつける。さらに増田伸洋、リャン・ウェンチョン(中国)、キム・キョンテ(韓国)の3人が通算11アンダーで10位タイとしている。

 また、この日通算6アンダーの28位タイからスタートした石川遼は6バーディ・1ボギーで通算11アンダーまで伸ばし10位タイまで浮上した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>