<ライダーカップ 事前情報◇24日◇グレンイーグルスGC>

 26日(金)に開幕を迎える、欧州と米国の対抗戦「ライダーカップ」。互いのプライドをかけた大一番を前に、ローリー・マキロイ(北アイルランド)が新ドライバーをテストしている。

マキロイの今季の躍進を支えたドライバー
 マキロイが手にしたのはUSGAの公認リストに登録したばかりのナイキの新モデル、“Vapor Pro ドライバー”。前作のコバートは赤いクラウンだったが、今作はベーシックな黒いクラウンに変更された。ソールはコバートの特徴であったキャビティバックテクノロジーを踏襲し、ショッキングなイエローでカラーリング。さらに、以前のVRシリーズに採用されていたコンプレッションチャネルのような溝も確認されている。

 選手がライダーカップ週にクラブをチェンジするのは異例だが、火曜日の練習ラウンドからバッグに新ドライバーを入れているマキロイは「(本戦でも使用する)可能性は高い」とコメント。メジャー2連勝を挙げるなど今季の躍進を支えたドライバーからのこのタイミングのスイッチはリスクも伴うが、マキロイに即断をさせるだけの性能を有したドライバーであるとも言えそうだ。

 ライダーカップ欧州チームのキャプテンを務めるポール・マギンリーは、「私はローリーの決断を信頼している」とマキロイのクラブチェンジを気にする様子はない。いずれにしても今週のグレンイーグルスではマキロイのドライバーにも大きな注目が集まりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>