<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップゴルフ 初日◇25日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>

 茨城県にある大利根カントリークラブ西コースを舞台にJGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップゴルフ」が本日開幕。石川遼はトータル1オーバーでホールアウトし、現時点で40位タイとなっている。

【関連ニュース】国内連戦の石川遼、渡米前ラストゲームは「刺激になる」
 石川遼はアジア人唯一のメジャー覇者Y・E・ヤン(韓国)と昨年の「パナソニックオープン」覇者である川村昌弘とティオフ。ボギーを先行させる2人同様、石川も14番でボギーを叩く展開。さらに15番でもスコアを落とすと、16番でもパーオンできず、そこから2パット。まさかの3連続ボギーとなる。

 18番でバーディを奪い、勢いに乗って臨みたいバックナインだったが、前半同様2番でボギーを先行させる展開に。すぐさま次のショートホールでバーディを獲るが、そこからスコアを伸ばせないホールが続く。しかし最後の最後9番でバーディ奪取し“72”でラウンド。上位に行くことは出来ない初日となったが、2日目に向けて良い形を作り初日を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>