<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前情報◇25日◇利府ゴルフ倶楽部(6,499ヤード・パー72)>

 連覇をかけて臨んだ国内メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を3日目に父危篤の知らせを受け棄権したイ・ボミ(韓国)。父のソクジュさんはイが帰国した13日の夜に亡くなった。この悲しみを乗越え、この大会からツアーに復帰する。

【関連ニュース】ドレス姿も!イ・ボミフォトギャラリーはこちら
 イは今週月曜日に来日し、火曜日にコース入り。昨日は9ホールを練習ラウンドし、この日はプロアマ戦に参加。アマチュアたちと笑顔でラウンドした。

 「何試合も試合に出なかったら韓国の家族も心配するので、早く復帰しようと思いました」と今の気持ちを話したイ。「試合に集中できるか分からない」と最愛の父を失った心の傷は癒えていないが、「自分にプレッシャーをかけないでプレーしたい。目標とかは考えずに1打1打集中してプレーしたい」と復帰戦への意気込みを語った。

 「お父さんには絶対賞金女王を獲るんだよ、といわれていました」、現在賞金ランク首位を走るイ。女王の座につくことは父の願いでもある。また、今回のことで日本のファンからも励まされ、「お返しするには皆さんの前で良いプレーすることだけ」と支えてくれたファンのためにも、この復帰戦で元気な姿を見せたいところ。

 次週にはメジャー「日本女子オープン」も控え、賞金女王を獲るには気の抜けない戦いが続く。この日はプロアマ戦を笑顔でラウンド、父の願いをかなえるため悲しみを心にしまい、明日復帰戦の舞台に立つ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>