<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 初日◇26日◇利府ゴルフ倶楽部(6,499ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」が開幕。今週月曜日に誕生日を向かえ、この大会が三十路初戦となる佐伯三貴が3アンダー首位タイと好スタートを切った。

100枚以上の写真で大会初日を振り返る「LIVE PHOTO」
 「アプローチもパターも良かったです。ショットは良かったですが、今日はその部分に助けられました」、好調なショートゲームを武器に時折強い風が吹く難コンディションで4つのバーディを量産。14番ではボールに泥がつき、セカンドショットが右へ。木のウラにいってしまい、ボギーとしたが「アンラッキーでしたが、引きずることなく気持ちを切り替えたらバーディがきた」と続く15番から連続バーディを奪取。“大人のゴルフ”をみせ第二の故郷で上位発進を決めた。

 「初日は終わったけど、まだ2日ある。修正できることは修正して一生懸命プレーしたい」。大学時代をすごしたここ仙台では多くの声援を受ける佐伯。首位からは優勝を期待されるが「それはやはり運もあったりするので」と本人はいたって冷静。「皆さんに頑張ってる姿を見てもらいたいし、いつもこの大会では成績がよくないけど、“おっ”という感じで見せられたらいいと思います」と抱負を話した。

 この日のホールアウト後には主催のミヤギテレビからケーキを振舞われるなど、大きな祝福を受けた佐伯。誕生日当日のイベントでは上田桃子に押されケーキに顔をつっこんだが、この日は何事もなくロウソクを吹き消した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>