<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 2日目◇26日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>

 JGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」の2日目。1オーバー44位タイから出た石川遼は4バーディ・3ボギーの“70”でラウンド。スコアを1つ伸ばし、トータルイーブンパーの27位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。

2日目の石川遼のプレーをフォトギャラリーでプレーバック!
 「納得のいくショットが多かった。久しぶりに自分のやりたいこと、やるべきことが出来たラウンドだった」。ラウンドを終えた石川の表情には前日までにはなかった満足感が漂った。ここ数試合苦しみ続けたショットが石川自身納得のいくものになったからだ。

 石川がプレーした午後の時間帯にはコース上に強い風が吹きつけた。そのため、午後組でプレーした多くの選手がスコアメイクに苦しんだのだが、石川は序盤から安定したショットを武器に多くのバーディチャンスを演出。3番パー3ではアゲンストの風が吹く中、ドロー系の弾道でピン3メートルにつけ、5番パー4でもフェアウェイからのセカンドをピン2メートルにつけるなど好調なショットを連発した。

 ただし、この日はグリーン上でタッチを合わせきれずに苦戦。チャンスにつけた3番5番でもパットを決めきれずにパーとするなど、好調なショットをなかなか結果につなげることができなかった。8番では6メートルのパットを沈めてバーディを先行させたが、続く8番では3パットのボギー。9番で再びバーディとするも、ハーフターン後の12番でまたもボギーを叩くなど、苦しい展開が続いた。

 その後、14番パー5をきっちりバーディとした石川だったが、ここでも続く15番で3パットのボギー。この時点でトータル1オーバーというスコアは予選カットラインも気にかかる位置だったが、ティショットを曲げた16番できっちりパーをセーブすると、続く17番では値千金のバーディ。最終18番ではバーディを奪うことができなかったが、終盤にスコアを1つ伸ばすことに成功し、首位と5打差の27位タイで予選ラウンドのプレーを終えた。

 結果を見れば、バーディ・ボギーが交互に来る展開でスコアを1つ伸ばすに止まった1日。しかし、ここ数試合苦しみ続けたショットが復調したことで、「まだまだ優勝のチャンスがある。いい形で決勝ラウンドに行ける」と石川は前向きに明日からの決勝ラウンドを見すえている。

 実際、27位タイという位置だが、首位との差はわずかに5打。同じストロークに多くの選手がひしめく団子状態で、スコアを1つ伸ばせば一気に順位が上がる状況だ。「本当に誰が勝つかわからない展開。優勝争いの第1集団に入って最終日を迎えたい」。明日のムービングデーではまずトップ10以内への浮上を目指してプレーしていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>