<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 3日目◇27日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>

 JGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」の3日目。全選手がハーフターンを終え、山下和宏と貞方章男が通算4アンダーで首位に立った。山下は4バーディ・1ボギーで3つ伸ばし、一方の貞方は2バーディ・1ボギーで1つ伸ばした。

 1打差の通算3アンダー3位タイには塚田好宣、S・K・ホ(韓国)ら4人がつけ、続く通算2アンダー7位タイには藤田寛之、片山晋呉、リャン・ウェンチョン(中国)ら10人が並んだ。さらに宮里優作、金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)ら9人が通算1アンダー17位タイで続く。

 また、イーブンパーの27位タイからスタートした石川遼は4バーディ・5ボギー・1ダブルボギーで3つ落とし通算3オバーで44位タイに後退した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>