<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目◇27日◇利府ゴルフ倶楽部(6,499ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の2日目。渡邉彩香とテレサ・ルー(台湾)がトータル7アンダーで首位タイに。2打差の3位にはアン・ソンジュ(韓国)、3打差の4位タイには堀奈津佳と大山志保がつけた。

「ライブフォト」でこの日の試合を振り返る!
 昨季の賞金女王、森田理香子はトータル3アンダー6位タイに浮上。この試合が今季国内参戦2戦目の有村智恵はトータル4オーバーで予選落ちを喫した。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。

●テレサ・ルー(トータル7アンダー首位タイ)
「今日は運が良かったです。ドライバーのフェアウェイキープ率も高かったし、パターも長いのが入ってくれました。明日もこの調子で頑張りたいです。明日はたくさんバーディが欲しいですね」

●アン・ソンジュ(トータル5アンダー3位)
「16番、17番と連続バーディを獲れてあがれたのですごく満足しています。久しぶりに緊張しました今週は。その中では良いプレーができているなと思います。トーナメントが始まる前はトップ10を目標にしていましたが、自分が考えたよりいいプレーが出来ています」

●堀奈津佳(トータル4アンダー4位タイ)
「出だしから連続バーディで調子は悪くなかったと思いますけど、後半は伸ばせませんでした。はじめは少し緊張したけど、楽しかったです。最終日を優勝できる位置でと思っていたので、いい位置で終われてよかったです」

●有村智恵(トータル4オーバー65位タイ)
「今年のゴルフを象徴しているようなラウンドでした。後半はチャンスにもついていたんですけど、流れが悪くて。でも最後はバーディで締めくくれて来週頑張れると思います。今日は余裕の無いラウンドで…。もう少しいいところを見せたかったです。アメリカツアーでやってきた有村智恵をみせたかったけど…。来年、もっといい状態で帰ってきたいと思います」

<ゴルフ情報ALBA.Net>