<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 最終日◇28日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>

 一時は1打差以内に10人以上の選手がひしめく大混戦となった大会最終日。伸び悩む上位陣を尻目に6バーディ・1ボギーの“66”を叩き出した藤田寛之が4打差をひっくり返して大逆転優勝。今季3勝目を挙げると共に、小田孔明を抜いて賞金ランク1位に躍り出た。

藤田寛之の大逆転劇をフォトギャラリーで振り返る!!
 「ボギーを打たずにどこまで伸ばせるか」。首位と4打差のトータル1アンダーからスタートした藤田は4アンダー“67”という数字を目標にこの日のプレーをスタート。1番ホールで4メートルのパットを沈めて早々にバーディを先行させると、前半さらに2つのバーディを奪取。着実にスコアを伸ばして優勝争いに加わった。

 勝負のサンデーバックナインに入っても藤田の勢いは止まらない。11番で8メートルのバーディパットを沈めると、15番パー3ではティショットで4番ユーティリティでピン3メートルにつけてこの日5つ目のバーディ。17番ではティショットのミスから唯一のボギーを叩いたが、最終18番をバーディで締めた藤田はトータル6アンダーでホールアウトした。

 この時点ではプレーオフの可能性も残っていたが、後続の選手たちのスコアが伸びなかったため、最終組がホールアウトした時点で藤田の大逆転優勝が決まった。

 「今季3勝目というのが信じられない」。圧巻のラウンドを終えた藤田は驚きの表情でこの日のプレーを振り返った。今季の藤田はシーズン開幕前から左肩の痛みに悩まされ、今週始めにも痛み止めの注射を打ったばかり。その甲斐あってか、大会期間中に痛みを感じる場面は少なかったようだが、過酷なセッティングの中で戦うことを考えればかなり厳しい状況だと言えるだろう。「結果がついているのが驚き」と藤田が話すのも頷ける。

 しかし、痛みを軽減するために取り組んでいるスイング修正が結果として、安定したフェードボールにつながるなど、怪我が奏功した側面があるのもたしか。また、今季途中からコンビを組んでいるピーター・ブルース氏との息もぴったりで、安定したショットと堅実なコースマネジメント、そして藤田らしい粘り強さを武器に今大会の優勝をもぎ取った。

 今大会の優勝賞金3000万円を加算した藤田は賞金ランキング1位に浮上。まだシーズン半ばで残り試合数も多いが、2012年シーズンに続く2度目の賞金王を獲得も現実味を帯びてきた。藤田は「まだ時期が早い。あと5000万円は稼がないと…」と話したが、一方で、「1度経験したから、(賞金王が)ゴルファーにとって最大の勲章であることがわかった。前回より欲しい気持ちが強い」と賞金王獲得へ意欲は十分。「しっかりプレーしていかなきゃいけませんね」と残るトーナメントでの活躍を誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>