<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 最終日◇28日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>

 JGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」。終盤まで1打差以内に多くの選手がひしめく大混戦となった今大会は、最終日に“66”をマークした藤田寛之が4打差を逆転し、今季3勝目を挙げた。

藤田寛之の最終日の大逆転をフォトギャラリーでチェック!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。


○S・K・ホ(トータル4アンダー2位タイ)
「16番を終わって、藤田さんが-6になっていて、17番をパー、18番でバーディを獲ればプレーオフに参加できると思った。17番のボギーはティショットを右のラフに入れて…そこからでもグリーン手前を狙えると思って打ったけど、それがフライヤーでグリーンをオーバーしてしまった。まさかあそこまで飛ぶとは思わなかった。この難しいコースで2位に入れたのは嬉しい。よくやったと思っている」。

○片山晋呉(トータル2アンダー9位タイ)
「まだ足りないね。力が入るポイントとか。もう2、3回(優勝争い)しないとね。でも、前半だけでも、こんな緊張感を楽しめてよかった。こういう位置で戦っていればチャンスは来ると思う」。

○宮里優作(トータル2アンダー9位タイ)
「(30センチほど手を広げて)これくらいの差でラフに…今日はずっとそんな感じ。フェアウェイに行かなかった。その差が出ましたね。最後の18番だけやってしまったけど、あとのショットは良かったです」。

○川村昌弘(トータル4オーバー41位タイ)
「大会ホストプロだし、ディフェンディングなので4日間やることが出来て良かったです。ホストプロとして気合は入りましたね。調子は悪かったけど、雑なプレーにならないようにという気持ちはいつも以上に強かったです。でも、さらに上をという時に身体がついていかなかった。気持ちはあるんですが、全然…スイングはこれから調整していきたいと思います」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>