<トップ杯東海クラシック 事前情報◇1日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」が愛知県にある三好カントリー倶楽部・西コースで明日開幕する。

2週連続優勝へ藤田寛之、難コースも「やりがいがある」
 練習ラウンドやプロアマを終えた選手が「このコースは難しい」と口を揃える三好カントリー倶楽部・西コース。特に16番が鬼門となっているようだ。

 その16番は距離190ヤード・パー3、砲台グリーンで右はバンカー、左は崖と厄介なロケーションになっている。加えてグリーンは奥に行くほど狭くなっており、硬く締まったグリーンではボールが止まらずこぼれてしまう。

 そんな16番を小田孔明は“ツアーNo.1の難しさ”と評する。「距離感と方向性をぴったり合せないとグリーンに乗らない」と警戒。平均ストローク3.493もツアー屈指の難易度を物語る。小田は「パーを取れれば上出来」とその難しさを感じている。

 この意見に同調したのが松村道央。「このホールは基本はパーをセーブするホールです」。今日のプロアマでのラウンド時は、右から攻めていき、ティショットをバンカーの手前に落としパーを拾った。それでも、「場合によっては」と前置きした上で「左から曲げて行くか、ピンに向かって真っ直ぐ攻めていかないといけないかもしれない」と積極的なゴルフを見せる松村らしい言葉も返ってきた。

 難コースである三好カントリー倶楽部 西コースの中でも傑出して難しいといわれる16番。はたして明日以降どんなドラマが見られるのか。ちなみに決勝ラウンドのみこのホールでホールインワンをした選手に500万円が送られる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>