<日本女子オープンゴルフ選手権 2日目◇3日◇琵琶湖カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー「日本女子オープンゴルフ選手権」の2日目。初日、首位と2打差の5位タイと好スタートを切ったアマチュアの永井花奈。この日も18番を迎えた時点で首位に並ぶトータル6アンダーと快調にプレーしてきたが、落とし穴は最後に待っていた。

アマチュア勢の最高位は永井花奈、パター変更で苦手を克服!
 永井のセカンドショットはグリーン右のバンカーへ。そこからピンに3メートルに寄せるが「自分の思ったところに打てたけど、クセで決めたいと思う時に手が動いて強気に打っちゃって…」ボールは蹴られ、パーパットは決まらずボギーパットもカップに嫌われ3オン3パットのダブルボギーに。「スタートからバーディで今日もあるんじゃないかと」期待して臨んだ2日目だったが、悔しいあがりになってしまった。

 しかし、「予選突破の目標は達成できたし、最後もったいないけど、まだ望みがあるので頑張りたい」と微笑んだ永井。プレー中も笑顔を絶やさず、「楽しく回れています」と大舞台でのプレーを心から楽しんでいる。

 アマチュア選手は30名この大会に出場し、11名が予選を突破。もちろんアマ勢では永井が最高位だ。無事に予選を突破し次に見据えるのはローアマの栄冠、明日のプレー次第では優勝も視界に入ってくる。「まだ運も付いていると思う」。笑顔が愛くるしい17歳、“笑う門には福来たる”でツキを呼び込めるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>