<トップ杯東海クラシック 最終日◇5日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 愛知県にある三好カントリー倶楽部 西コースにて開催された国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」。荒天の最終日を制したのは3位タイからスタートしたS・H・キム(韓国)だった。

単独首位の金亨成、ロケットスタートに「ハンパない。プロみたい(笑)」
 スタート時点でトップの金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)との差は3打差。さらに序盤からバーディを奪う金を見て「優勝は厳しいかもしれないけど、2位を目指して一生懸命プレーしよう」という気持ちだったという。

 そんなキムの気持ちが変わり始めたのが、金が3連続OBで立て続けにボギーをたたき1打差となった12番から。「これなら僕にもチャンスがくるかも」と気持ちを集中。さらに金が12番、13番と落とし2人が首位タイに並んだ。そして迎えた14番、9メートルと距離はあるもののバーディチャンスにつけたキム。難しいフックラインを完璧に読みきりバーディを奪取し単独首位に躍り出た。さらに15番で金がボギーを叩き2打差に広がった。

 そして迎えた最難関の16番パー3。優勝争いをする2人は共にグリーンをとらえバーディチャンス。すると最初に金が長いバーディパットを決める。すると「金亨成が入れたのを見て入れ返してやろう」と集中したキムが強い気持ちでねじ込み2打差を守った。2打差で迎えた最終18番。ここは「ボギーでOK」と無理をせず狙い通りボギーでフィニッシュ。「今日は運が良かった」と最大5打差を逆転し、国内ツアー初優勝を果たした。

 今日は18番の狙い通りのボギー以外はボギーなし。その安定したゴルフを支えたのがパッティングだった。ショットはよくなかったものの「パターは韓国で初優勝したときと同じくらい良い感じだった」とパットでチャンスをものにした。

 そんなキムは2010年に賞金王を獲得した金庚泰(韓国)と同級生。ジュニアの時からしのぎを削った仲。キムも金庚泰と同じく早い段階で日本ツアーに参戦しようと思っていた。しかし「韓国ツアーで賞金王と獲って日本に来ようと思っていた」が、なかなか勝てず、苦しいとき時を過ごした。ジュニア時代は何度も優勝しており、18歳でプロ転向したエリート。金庚泰に対しても「劣っていない」と感じていただけに辛かった。

 それでも金庚泰をはじめとする日本ツアーに参戦している韓国選手に「負けていないと思ってゴルフをしていた」と語るキム。今年ワンアジアと韓国ツアーの共催試合である「SKテレコムオープン」で金庚泰に競り勝ち、ついに韓国ツアー初優勝を飾ると、今日もすでに日本ツアーで活躍する金亨成に競り勝ち日本ツアー初優勝、一気にライバルたちと同じ舞台に立った。

 今後の目標は「いきなりの優勝でまだそこまでは…(笑)」と話すも、「次の試合、2勝目を狙っていきます」とキム。「まだまだ足りないものが多い。海外に参戦するのは日本に定着して認めてもらってから」と謙遜する28歳、今日はとびきりの笑顔でクラブハウスを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>