<男子世界ランキング>

 今週の「フライズ・ドットコム・オープン」から始まる米国男子ツアー新シーズン開幕を前に最新の男子世界ランキングが発表された。

松山英樹「昨年以上の成績を」2年目のシーズンへ抱負
 1位ローリー・マキロイ(北アイルランド)、2位アダム・スコット(オーストラリア)、3位セルヒオ・ガルシア(スペイン)ら上位陣に大きな変動はなかった。日本勢で最高位につける松山英樹は20位をキープ。松山と同じく新シーズンに挑む石川遼も前週と同じ83位につけた。

 一方で変動が見られたのが、先週の「トップ杯東海クラシック」で活躍した韓国勢。同大会でツアー初優勝を上げたS・H・キムは前週から144ランクアップの211位に浮上。また同2位タイの金亨成は前週の91位から80位に順位を上げ、K・J・チョイを抜いて韓国勢のトップに立っている。


【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(11.70pt)
2位:アダム・スコット(8.84pt)
3位:セルヒオ・ガルシア(7.66pt)
4位:ジム・ヒューリク(7.52pt)
5位:ヘンリク・ステンソン(7.33pt)
6位:ジャスティン・ローズ(7.11pt)
7位:バッバ・ワトソン(6.98pt)
8位:ジェイソン・デイ(6.72pt)
9位:マット・クーチャー(6.28pt)
10位:リッキー・ファウラー(5.78pt)

20位:松山英樹(4.07pt)

68位:小田孔明(2.06pt)

80位:金亨成(1.71pt)
81位:K・J・チョイ(1.70pt)
83位:石川遼(1.66pt)

106位:谷原秀人(1.43pt)
128位:藤田寛之(1.25pt)
131位:岩田寛(1.23pt)

211位:S・H・キム(0.87pt)


<ゴルフ情報ALBA.Net>