<マスターズ 初日◇10日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 「マスターズ」史上初の同大会親子出場を果たしたケビン・スタドラー(米国)が2アンダーで首位と2打差の5位タイでホールアウト。父で1982年大会チャンピオンのクレイグ・スタドラー(米国)は10オーバーの95位と出遅れたが、マスターズ初出場の息子が親子マスターズ制覇へ好スタートを決めた。

「マスターズ」初日結果はリーダーズボードでチェック!
 「少しナーバスになっていたけど、興奮した」。父と同じ舞台を踏んだ初めてのマスターズ。その節目ともなる初日の1番ティショットは、「フェアウェイだったよ。全然飛んでなかったけど(笑)」と苦笑いを浮かべたが確かにその第一歩目はオーガスタに刻まれた。

 それでも、緊張の一番ホールを無事パーで切り抜けると調子も上向き。ハードなコースとスピードの速いグリーンに手を焼きながらも2アンダーで回りきり「アンダーで回れてすごくうれしい」と“セイウチ”のあだ名を持つ父親そっくりな笑顔を見せた。父クレイグからは「優勝を目指せ」とエールを送られている。史上初の親子制覇へセイウチJrが歴史を動かしにかかる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>