<マスターズ 2日目◇10日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 米国男子メジャー「マスターズ」の2日目。初日8オーバーの90位タイと大きく出遅れた松山英樹は、5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“71”でスコアを1つ伸ばしたものの、初日の出遅れが響きトータル7オーバーで予選落ちとなった。松山はアマ時代も含めてマスターズで初めての予選落ちとなる。

【速報中】松山英樹、アダム・スコットらの順位はPGAリーダーズボードでチェック
 松山は2番パー5でティショットのミスからダブルボギーを叩きスコアを落とす苦しい立ち上がり。それでも5番、8番とバーディを奪い返すと、後半は10番ボギーのあと3つのバーディを奪うなど巻き返しを見せた。しかし、連続バーディなら予選通過も見えた上り2ホールは18番のボギーでスコアを落としカットラインには届かなかった。

 松山は「4オーバーくらいならチャンスあると思っていたけど、そううまくはいかないですね。この結果は仕方ないです。それなりの内容だなと思う」と2日間を振り返りコメント。今の気持ちを問われると「予選落ちしたら悔しい以外に何もない」と唇をかみしめた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>