<岐阜オープンクラシック 最終日◇13日◇各務原カントリー倶楽部 (パー72)>

 岐阜にある各務原カントリー倶楽部で行われている、PGA後援競技「岐阜オープンクラシック」最終日。首位と2打差の4位タイでスタートした塚田陽亮は最終18番ホールでアルバトロスを決めてプレーオフに進出するも、上平に破れ、惜しくも優勝はならなかった。

逆転で岐阜オープンを制覇の上平栄道「この優勝の勢いに乗って来週も優勝したい」
 今日一日を「苦しいゴルフでした」と振り返った塚田。バーディチャンスを外す場面が目立ち、パーパットを決められないホールもあった。それでも何とかスコアを1つ伸ばしやってきた18番ホール。ティショットは244ヤードの位置につけた。

 「どこに落としたいかをなかなか決められなかった。中途半端な距離だったし、迷いもあった」という。そんな中、2番アイアンを手に放った塚田のセカンドショットは、カップへ一直線に向かう。最後はピンに当たってカップインし、ギャラリー総立ちとなるアルバトロスを決めた。

 このアルバトロスで一気にスコアを伸ばし、首位の藤田が最終ホールでダボを叩いてスコアを落としたため、同じトータル8アンダーの上平とのプレーオフとなった。1ホール目の17番で決着がつかず、18番ホールでの戦いに。アルバトロスの再現といきたかったが、さっきとは違い左足下がりのライとなったセカンドショットは大きく左にそれ、OBは免れたもののバンカーに捕まってしまう。対する上平はきっちり2オンし、イーグルこそならなかったものの、バーディを奪い、このホールでボギーを叩いてしまった塚田の優勝は消えた。

 それでも、来週の「東建ホームメイトカップ」に向けていい感触を掴むことができた。今まではスコアばかりに目が行っていたが、今日は目の前の一打一打に集中することができていたという。

 「今日のプレーオフはお金では買えない良い経験となった。今週得たものが来週結果としてでてくれたら」と塚田は今日の敗戦も前向きに捉えた。中学生時代に単身渡米し、ゴルフの腕を磨いたという異色の経歴を持つ男は、悲願であるツアー初優勝に向けて国内開幕戦をいい状態で迎えられそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>