<男子世界ランキング>

 13日付けの最新男子世界ランキングが発表された。

泣き虫バッバがまた泣いた!2度目マスターズV「戻ってこられてうれしい」
 先週開催された米国男子メジャー初戦「マスターズ」で2年ぶり2度目の優勝を果たしたバッバ・ワトソン(米国)が前週の12位から8ランクアップ。1位タイガー・ウッズ(米国)、2位アダム・スコット(オーストラリア)、3位ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)に次ぐ4位に浮上した。

 同大会2位タイ、20歳のジョーダン・スピース(米国)も9位にランクアップ。世界のベスト10入りを果たした。同じく2位タイのジョナス・ブリクスト(スウェーデン)も前週の56位から33位に順位を上げている。

 同大会でメジャー大会で初めて予選落ちを喫した松山英樹は前週と変わらず26位をキープしている。


【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(8.87pt)
2位:アダム・スコット(8.28pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(8.12pt)
4位:バッバ・ワトソン(7.30pt)
5位:ジェイソン・デイ(6.86pt)
6位:マット・クーチャー(6.41pt)
7位:セルヒオ・ガルシア(6.08pt)
8位:フィル・ミケルソン(6.07pt)
9位:ジョーダン・スピース(6.02pt)
10位:ローリー・マキロイ(6.00pt)

26位:松山英樹(3.84pt)

33位:ジョナス・ブリクスト(3.23pt)

78位:石川遼(3.84pt)
87位:小田孔明(1.58pt)
102位:片山晋呉(1.48pt)
119位:谷原秀人(1.30pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>