<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇16日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,317ヤード・パー72)>

 福岡県にある福岡カンツリークラブ 和白コースで開催されているステップ・アップ・ツアー「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」。その大会最終日が行われ、初日単独2位につけた鈴木愛が2バーディ・1ボギーの“71”で1つ伸ばし、通算3アンダーでステップ・アップ・ツアー2勝目を挙げた。

地元福岡県出身の福山恵梨が首位発進
 この日、2アンダーからスタートした鈴木は、前半「まったくパターが入らない。入る気がしない。前半は特に打った瞬間にミスパットというのが多かった。」と振り返るように、チャンスにつけるもバーディパットが決めきれずにスコアを伸ばすことができなかった。それでもボギーは打たずに何とか2アンダーをキープ、首位からスタートした福山恵梨が前半で通算1アンダーまでスコアを崩していたため、単独首位で後半へ入った。

 すると後半では足を引っ張っていたパットが冴え始め、11番で10メートルのバーディパットをねじ込み1つ伸ばす。続く15番でも再び10メートル以上の長いバーディパットを決め、さらに伸ばした。次の16番で唯一のボギーを叩き1つ落としたものの残りホールをパーでまとめ通算3アンダーでホールアウト、逆転で優勝を飾った。

 去年、ステップ・アップ・ツアーで初優勝しレギュラーツアーにも出場した鈴木。しかし、その時は「まわりの目が気になって焦ってプレーすることが多かった」とレギュラーツアーの試合中、プレーに集中できなかったという。今回もこの優勝でレギュラーツアー5試合の出場権を獲得、リベンジのチャンスを得た。今度は前回の経験を生かし上の舞台での活躍を期待したい。

 鈴木と2打差の通算1アンダー単独2位には大谷奈千代が入った。初日首位につけた福山恵梨はこの日3つ落とし通算イーブンパーで単独3位に終わった。

【最終結果】
優勝:鈴木愛(-3)
2位:大谷奈千代(-1)
3位:福山恵梨(E)
4位T:菊地明砂美(+1)
4位T:丁允珠(+1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>