<東建ホームメイトカップ 事前情報◇16日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>

 2014年シーズン国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」が17日(木)に開幕を迎える。昨年大会でツアー初優勝を飾ったディフェンディングチャンピオンの塚田好宣はプロアマ大会に参加し、開幕に向け最終調整を行った。

43歳塚田好宣が悲願のツアー初優勝!昨年大会
 昨年大会の塚田は3日目に9バーディを奪い“63”のビッグスコア。最終日も吹き荒れる強風によって多くの選手がスコアを崩す中、耐えるゴルフで“69”をマークし、逆転で初の栄冠をつかんだ。プロ生活20年目にしてつかんだ初優勝。塚田は「自信を持つことができましたね。僕でも勝つことができるんだって」と当時を振り返った。

 「開幕が待ち遠しいですね」今季の塚田は先月行われたアジア地区最終予選を通過し、今季の「全英オープン」出場権を獲得するなど、国内ツアー開幕前ながら、すでに好調な滑り出しを見せている。「今年も優勝する気持ちでプレーしたいですね」と連覇に向けてメンタル的にも充実している。

 今年の東建多度CC名古屋のグリーンについては多くの選手が口々に「いつもより硬いし、速い」と話しているが、「バーディ合戦は好きじゃないんです。風が吹いたほうが僕にはいいですね」と耐えるゴルフを得意とする塚田にとって難コンディションはむしろ好都合。果たして、初優勝を果たした思い出の地で再び輝くことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>