<東建ホームメイトカップ 初日◇17日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」の初日。昨年末にプロ転向したばかりのルーキー大堀裕次郎が1イーグル3バーディノーボギーの“66”をマークし、首位発進を決めた。

黄金世代第3の男・大堀裕次郎が日本アマチャンピオンに!
 大堀は昨年、アマチュアゴルフの最高峰「日本アマチュアゴルフ選手権」タイトルを獲得。さらに8月に行われた国内男子ツアー「関西オープン」では2日目を終えて首位に立つなど、プロの舞台でも目覚しい活躍を見せてきた。そして昨年末にプロ転向を宣言。期待のルーキーとして今大会が国内男子ツアープロデビュー戦となっている。

 そんな周囲からの大きな期待を背に初日のプレーをスタートさせた大堀。序盤こそ、アイアンの縦の距離感のコントロールに苦戦しつつも、12番パー5でバーディが先行。その後もセカンドショットでグリーンをとらえ切れない苦しい展開を続け、15番では3メートル下りのパーパットを残すピンチを招いたが、このパットを沈めたことで流れが変わり始める。

 「15番のパーパットを決めたところで良い流れが来たので、そのままいけました」

 ピンチをしのいだことで気持ちを切り替えた大堀は、続く16番を落ち着いてパー。そして迎えた17番パー5のティショットを確実にフェアウェイセンターに運ぶと、残り178ヤードから8アイアンで2オンに成功。2メートルのイーグルパットを沈めて一気に優勝戦線に浮上した。

 後半に入った大堀は持ち味のストレートボールを武器に安定したゴルフを展開。2番パー4では3メートル、3番パー3では1ピンの距離を沈めて5アンダー、この時点で首位タイに浮上した。その後は、バーディを奪えずスコアカード通りに数字を並べたが、初日首位タイ発進とプロデビュー戦を最高の形でスタートさせた。

 大堀といえば、松山英樹、石川遼と同じ1991年生まれの21歳。昨年「日本アマチュアゴルフ選手権」制して頭角を表してからは、ことあるごとに2人のスター選手と比較されてきた。この日も当然のように2人について記者からの質問が投げかけられたが、大堀から飛び出したのは力強い宣戦布告だった。

 「今すぐに勝負して、やっつけたい気持ちです」

 昨年8月の「関西オープン」では“遠い存在”、11月の「カシオワールドオープン」では“負けたくない”。2人に対して大堀が発する言葉はどちらかと言えば、控えめなものだったが、現在ではすぐにでも追いつき追い越したいと内なる闘志をたぎらせている。

 とはいえ、大会はまだ初日を終えたばかり。大堀も「調子に乗るとダメなタイプなので、ぼちぼちやっていきます」と話し、マイペースにプレーしていく構えを見せた。新たなスター候補はひとまず燃え盛る闘志を内に秘め、静かに、しかし着実にライバルたちとの差を詰めていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>