<東建ホームメイトカップ 初日◇17日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」の初日。2002年大会覇者の谷口徹は、6バーディ・1ボギーの“66”で5アンダー首位タイと好発進を見せた。

大堀裕次郎、石川・松山に宣戦布告「今すぐにでもやっつけたい」
 「今日はスーッと“静かに”回ることができた」という谷口はインコースからスタート。12番で4メートルのバーディパットを決めると、15番ではセカンドショットをピン20センチにつけバーディを奪取。2アンダーでフロントナインを終える。

 後半も、“静かな”ゴルフは続く。2番でバーディを奪うと、4番、5番と連続バーディ。続く6番では今日初めてのボギーを叩くも、最終9番でも5メートルのパットを決めバーディと終始危なげない内容でフィニッシュした。

 昨年は得意のパットに苦しみ、シーズン途中からは「入る気がしなくなった」と感じることもあるくらい、厳しい時期も続いた。しかし、オフの期間にパットの復調に取り組んだことで、今年は良くなってきているという。

 さらに今日の“静かな”ゴルフを生んだのはパットに加え、新しいドライバー効果だ。「ドライバーを変えたら、フォローの風でも行かなかった位置に届くようになった」と今までのドライバーと比べて球の高さが出ている上に、スピン量が減ったことで飛距離が5〜10ヤード伸びたという。

 ドライバーの飛距離が伸びたことで次のショットがやさしくなり、パットの良いリズムを生むという相乗効果で今日の危なげない“静かな”ゴルフにつながった谷口。ツアー屈指のショートゲームを取り戻しつつある男に、飛距離の出るドライバーが加わったことはまさに鬼に金棒。2012年以来のツアー優勝も近い。

<ゴルフ情報ALBA.Net>