<東建ホームメイトカップ 最終日◇20日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>

 男子ツアー国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」の最終日。トータル8アンダー2位タイからスタートした宮里優作が5連続を含む8バーディ・2ボギーの“65”をマーク。トータルスコアを14アンダーまで伸ばして逆転優勝、初優勝を挙げた昨年の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に続く“国内2連勝”を達成した。

【JTカップ】フォトギャラリーで宮里優作初優勝の瞬間を振り返る
 覚醒した大器にかつての勝負弱さはどこにもなかった。最終組の1つ前の組でプレーした宮里は1番ホールでバーディ発進を決めると、そこから圧巻の5連続バーディを記録。伸び悩む上位陣を尻目にリーダーズボードの頂点まで駆け上がり、早々に独走態勢を築いた。

 トータル13アンダーで迎えたバックナインでは出だしの10番でこの日最初のボギー。しかし、今の宮里は揺るがない。11番から連続バーディを奪うと、14番でこの日8つ目のバーディを記録して後続を引き離した。

 その後、ショットが乱れ始めた宮里は16番で長い距離のパットを残し3パットのボギーとしたが、残る2ホールを落ち着いてパーセーブ。トータル14アンダーでホールアウトし、逆転で今季国内開幕戦を制した。

 プロ入り12年目の初優勝からわずか4ヶ月。遅れてきた大器は年をまたいだ国内2連勝を達成して、今季の賞金王レースに名乗りを挙げた。
 

<ゴルフ情報ALBA.Net>