<KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇20日◇熊本空港カントリークラブ(6,455ヤード・パー72)>

 熊本県の熊本空港カントリークラブで開催された「KKT杯バンテリンレディスオープン」の最終日。15歳のアマチュア、勝みなみがこの日4つスコアを伸ばしてトータル11アンダーで優勝。その勝のもっとも迫ったのは1打差の2位でフィニッシュした韓国の実力者、イ・ボミだった。

勝みなみ、性格は“人前に出るのが好き”で“負けず嫌い”
 イは「午前中、風が強くて距離感が合わなかった。パーを取るのが精一杯だった」と前半ではスコアを伸ばすことができなかった。後半に入ると「ショットの感触が良くなった」と10番から連続バーディを奪取。勝を追撃するが、13番でボギーを叩き3打差に。しかし、終盤の17番で取り返し2打差で最終ホールを迎える。

 18番パー5では「右からのアゲンストが強かった」ため2オンをあきらめ3打目勝負に。「入ればイーグルなのでカップを狙った。でもスピンがかかりすぎてしまった」とプロの意地を見せようと放った一打はチップインイーグルとはならなかった。

 「最近のアマチュアはすごい。メンタルも強いし、自分に合ったゴルフを考えてプレーしている。勝さんとまた会えるのが楽しみ」とラウンド後は勝者を称えた。イはこれが今季4度目のトップ10フィニッシュ。今回はスーパーアマに阻まれたが、今季初優勝は近そうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>