トーナメント以外ではめったにインタビューに応じないことで知られる尾崎将司。そのジャンボが10年ぶりにテレビカメラの前でインタビューに答えた。

67歳ジャンボ、エージシュートから1年「期待せぇとは…」
 「JUMBO 〜尾崎将司 プロ45年目の春〜」と題された関西テレビで放送される番組内(4月26日(土)16:25〜17:25)で尾崎は、インタビュアーを務めた水巻善典とフリーアナウンサーの八木早希を相手に生涯のライバル・池永正明(元西鉄ライオンズ)について、88年の打てない優勝パット、レギュラーツアーへのこだわり、今シーズンへの思いなどを激白した。

 今年プロ45周年を迎えた尾崎。これまでの歩みを振り返る中で登場するのが、西鉄ライオンズに同期入団した池永正明だ。「池永に出会った時の衝撃は自分を大きくしてくれた」とプロ野球の世界を3年で辞める決意をさせたのが、尾崎が唯一人生のライバルと認める池永だった。その池永のメッセージや当時のエピソードも交えてプロゴルファー尾崎将司誕生からこれまでを振り返る。

 昨年の「つるやオープン」でのエージシュートについては「自分のなかにはトーナメントとは4日間あるのでトータルで考えないと。1日の出来事で、威張るもんでもない。自分でベストだと思うのは、最終日にエージシュートして優勝すること。これは胸を張れると思う」とコメント。ブログで引退をほのめかす発言をして話題になったこともあったが、こだわり続けるレギュラーツアーに「あまり余計なことを考えずに、若手と同じようにトレーニングしたい。はいつくばっても歩いていきたい」と意気込んだ。

 番組内ではジャンボのインタビューのほか、ジャンボのプロ45年を記念したプロ・アマ大会の模様や、青木功、尾崎健夫、尾崎直道、飯合肇、片山晋呉、池田勇太らのインタビューも放映。さらに、ジャンボの日々のトレーニングの様子など、めったに見られない映像が盛りだくさんの内容となっている。

【番組情報】
「JUMBO 〜尾崎将司 プロ45年目の春〜」
4/26(土)16:25〜17:25放送
関西テレビ(関西ローカル)

<ゴルフ情報ALBA.Net>