<つるやオープン 初日◇24日◇山の原ゴルフクラブ山の原コース(6,804ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「つるやオープン」が兵庫県にある山の原GC山の原Cで開幕。主戦場を置く米国から一時帰国した石川遼は、練習ラウンドなしのぶっつけ本番ながら3バーディ・1ボギーの“69”で回り2アンダー15位タイと好スタートを決めた。

一時帰国で国内参戦の石川遼、前日コースに姿見せずぶっつけ本番
 石川は今週火曜日に米国から一時帰国。その日は自宅で「赤飯、ちらし寿司、煮物…僕の好きなものばかり作ってくれた」と母親や祖母の作る食事に舌鼓を打ってリフレッシュした。大会前日の水曜日も移動のみで休養に充てて調整。しかし、米国での戦いでしみついた体内リズムを変えることは難しく、「地に足がついていない状態。例えるなら一日中起きていてゴルフ場に来ている感じ」と時差ボケの真っただ中で初日を迎えた。

 ショットに関しても「全クラブ5%くらい飛んでいない印象」と本調子には遠かったが、時差ボケの影響が最も現れたのがグリーン上。1番からバーディパットを1.5メートルオーバーするなど、「パッティングの時に軸が安定していないなと感じた。構えたところにボールが出ていないし、5、6メートルのパットがカップにかすりもしなかった」と微妙なタッチに狂いが生じていた。

 ラウンド中はパターをグリーン上に置いてラインを確認したりと懸命に調整したが、前半はチャンスをモノにできずすべて2パット。5番パー3では奥のカラーからパターで寄せきれずボギーを叩くなど、グリーン上で首をひねる場面が目立った。

 それでも、「12番くらいからタッチが合ってきた」とカラーから放り込んでバーディを奪うと、15番パー5ではロングアイアンで2オンに成功してバーディと尻上がりに復調。最終18番では約158ヤードのセカンドを「打つ少し前にフォローに変わったので、8番から9番にかえたのが良かった」と冷静なジャッジで左手前50センチにつけるスーパーショット。久々に母国の大声援を浴びた18ホールをバーディで締めて見せた。

 「球は曲がっていなくても、納得いかないスイングも多かった」と好位置にも反省点は多く、満足度としては「5割くらい」。それでも、出遅れることの多い初日を体調不良の中でまとめたことに関しては「アメリカで培ってきた部分でもあるし、そこでカバーできているのかなと思う」とうなずいた。

 ホールアウト後はパッティング、ドライビングレンジと移動しこの日の違和感の修正に取り組んだ。「もっと質のいいラウンドを目指せると思うので、まずは良い状態でボールを打てるようになることが大事」。2日目もコース以外の相手とも戦いながら、週末へピークを持っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>