<つるやオープン 初日◇24日◇山の原ゴルフクラブ山の原コース(6,804ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「つるやオープン」の初日。片山晋呉が5アンダーで藤田寛之と並んで首位タイと好スタートを切った。

時差ボケでも…石川遼、スーパーショット締めで15位タイ発進
 片山は1番でセカンドをOKにつけてバーディを先行させると、3番、4番、6番と立て続けにバーディを奪ってハーフターン。後半は12番で3パットのボギーを叩くも、15番、17番と2つのパー5で共に2オンに成功しバーディを奪取。「(パー5は)獲りたかったし、マネジメント通り。好調ですよ」と首位スタートを満足気に振り返った。

 ところで、この日片山のバッグを担いでいたのは、女子プロゴルファーの山村彩恵。共に師事するツアープロコーチの江連忠氏を通じて、山村からお願いされる形でキャディに起用した。

 山村自身プロキャディとは違い、風の読みや歩測など完璧にこなせるわけではないが、「俺も楽しくやっているからいいんじゃない?教えるのも好きなのかな」と片山自身もこの状況を楽しんでいる様子。「ずっと彩恵ちゃんにしっかりしなさいって尻叩かれてましたよ。最後も迷っていたら、小さい番手でしっかり振りなさいって(笑)」とコンビネーションも上々だ。

 片山は昨年の「コカ・コーラ東海クラシック」で開催コースのハウスキャディを務めていた経験のある地元の女性をキャディに起用し、復活の27勝目を挙げた。今大会も異色コンビで東海クラシックの再現はなるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>