<フジサンケイレディスクラシック 初日◇25日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>

 静岡県にある川奈ホテルゴルフコース富士コースを舞台に開幕した国内女子ツアー「フジサンケイレディス」の初日。午前中こそ穏やかな天候に恵まれたが、午後に入ってからは風も次第に強さを増し、遅い時間にスタートした選手たちの多くは苦戦を強いられた。

激闘の模様をLIVE PHOTOでチェック!
 そんな中、11時7分にスタートした森田理香子は2バーディ・4ボギーの“74”と崩れて56位タイ。過去3度予選落ちを喫している大会で初日出遅れてしまった。

 この日の森田は、「リズムがちょっと悪くて、全体的に打てていない」とパッティングに苦戦。イーブンパーで迎えた11番から連続バーディを奪い、一時2アンダーまで浮上してみせたが、その後は3連続ボギーを喫するなど、ずるずるとスコアを後退させてしまった。明日は打ち切れないパットを修正して、まずは予選通過を目指していく。

 一方で、昨年大会で単独2位に入るなど今大会と抜群の相性を誇る横峯さくらも初日は1バーディ・3ボギーの“74”。森田と同じく2オーバーの56位タイと出遅れてしまった。

 今大会は横峯にとって、先日入籍した森川陽太郎氏と1年前に協力してゴルフに取り組み始めたという思い出の大会。開幕前には「予選落ちは避けたいです」と話していたが、思わぬ出遅れによって明日はカットラインを意識しながらプレーすることになった。

 「今取り組んでいることを明日もしっかりやっていければと思います」と明日のプレー方針について話した横峯。はたして思い出の大会で予選を突破することができるか。尚、横峯と森田は明日、同組で8時7分にスタートを迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>