<フジサンケイレディスクラシック 最終日◇27日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」の最終日。トータルイーブンパー24位タイからスタートした比嘉真美子がツアー歴代2位となる7連続バーディを記録した。

LIVE PHOTOで「フジサンケイレディス」をプレーバック!!
 成田美寿々、辻梨恵と同組で最終日のスタートを迎えた比嘉は1番ホールでいきなりボギー。しかし続く2番ホールを落ち着いてパーとすると、3番ホールではセカンドショットを1.5メートルにつけてバーディを奪取。ここから難関・川奈を舞台に比嘉のバーディ劇場がスタートした。

 4番パー5ではグリーン手前のバンカーからピン1メートルに寄せてバーディ。5番パー5は2オンに成功して楽々バーディを奪うと、6番からは3ホール続けて5メートルのパットを沈めてバーディを重ねた。さらに9番パー3でも2メートルのパットを沈めた比嘉は3番ホールからの7連続バーディを完成。10番ではバーディを奪えず記録はそこで途絶えてしまったが、ツアー歴代2位に並ぶ連続バーディ記録で一時首位に躍り出た。

 その後の比嘉は12番をボギーとした後、13番から連続バーディを奪取。大記録からの逆転優勝に望みをつなげたが、17番パー3でティショットを右に外すミスから痛恨のトリプルボギーを叩いて万事休す。結局、優勝したフェービー・ヤオ(台湾)には5打届かず2位タイで大会を終えた。

 今季の比嘉は開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で2位タイに入ったものの、その後は3度の予選落ちを喫するなど苦しいシーズンが続いていた。しかし、今大会では調子も上向いていたという。「7連続はたまたまですけど、これぐらいで回れるイメージは出ていたので、ビックリはしていません」。昨年ルーキーイヤーながら2勝を挙げ、賞金ランク8位に入った若手のホープがさらなる躍進を遂げるべく、1つのきっかけをつかんだ。


【1ラウンド中最多連続バーディ記録(イーグル含む)】※記録が残る1990年以降
1位:諸見里しのぶ(8連続・2011年「スタンレーレディス」」)
2位T:谷里美(7連続・1990年「ダンロップレディス」)
2位T:村井真由美(7連続・1992年「ミズノオープン」)
2位T:全美貞(7連続・2007年「マンシングウェアレディース」)
2位T:有村智恵(7連続・2008年「明治チョコレートカップ」)
2位T:比嘉真美子(7連続・2014年「フジサンケイレディス」)

<ゴルフ情報ALBA.Net>