<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 最終日◇27日◇TPCルイジアナ(7,341ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」の最終日。単独首位からスタートした、ノ・スンヨル(韓国)がトータル19アンダーまでスコアを伸ばし米ツアー初優勝を達成した。

写真で見る 2014年PGAツアー
 22歳のノは石川遼、松山英樹と同級生。07年にプロ転向すると2010年にはアジアンツアーで賞金王にも輝いた。2012年から米ツアーに本格参戦。2013年シーズンは石川と同様にウェブドットコムツアーとの入れ替え戦にまわったが、3戦目の「ネイションワイド・チルドレンズホスピタル選手権」で優勝し今季の出場権を手にした。

 今季は「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で10位タイに入るなどたびたび上位で優勝争い。日本ツアーにも参戦経験のある韓国の星がついに開花の時を迎えた。2打差の2位タイにはアンドリュー・スボボダ(米国)、ロバート・ストレブ(米国)、トータル16アンダーの4位にジェフ・オーバートン(米国)が入っている。

【最終結果】
優勝:ノ・スンヨル(-19)
2位T:アンドリュー・スボボダ(-17)
2位T:ロバート・ストレブ(-17)
4位:ジェフ・オーバートン(-16)
5位T:ロバート・ギャリガス(-14)
5位T:エリック・コンプトン(-14)
5位T:チャーリー・ホフマン(-14)

<ゴルフ情報ALBA.Net>