<中日クラウンズ 初日◇1日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー「中日クラウンズ」が愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースで開幕。2010年大会チャンピオンの石川遼は1番、2番と連続バーディを奪う好スタートを見せると、4番パー3でもバーディを奪取。その後はパーが続いたものの前半を3アンダーと上々の位置につけた。

 現時点で2012年大会のチャンピオンのI・J・ジャン(韓国)が7アンダーで単独首位。5アンダーの2位に岩田寛、4アンダーの3位タイにはディフェンディングチャンピオンの松村道央らがつけている。

 大会5度の優勝を誇る尾崎将司も前半を終えて石川と並ぶ3アンダー。年齢(67歳)以下のスコアで回るエージシュートの可能性も出てきた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>