<サイバーエージェントレディス 1日目◇2日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 5月2日(金)、千葉県にある鶴舞CCで国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」が開幕。注目のアマチュア・勝みなみは2バーディ・6ボギーの4オーバー70位タイで初日を終えた。

サイバーエージェントL初日を「LIVE PHOTO」で振り返る
 「緊張はありませんでした」という勝は、たくさんのギャラリーが見守る中、アウトコースからスタート。1番、2番とバーディチャンスを逃すと、3番でセカンドショットがフライヤーして奥に行ってしまい、リカバリーできずボギー。さらに7番、9番でもボギーを叩き、前半をノーバーディ・3ボギーで終える。

 後半も悪い流れを断ち切れず、12番で2メートルのパーパットが蹴られボギーとすると、14番、15番でも連続ボギー。続く16番、17番と連続バーディを奪うも、「バーディが来るのが遅かったですね」。結局、初日“76”と崩れた勝は首位と9打差の70位タイと大きく出遅れた。

 「今日は全体的に余裕が無く、振り返ってみると力が入っていた」とラウンド後、しみじみ語った勝。今朝の練習まで好調だったアイアンも、いざラウンドに入ると、力みからの引っかけやだダフりに苦しんだ。

 「KKTバンテリンレディス」で優勝した時には「頭の中で音楽が流れていた」と話した勝だが、今日は歌も流れず、「気持ちが乗ってなかったのかなぁ」と思わず肩を落とすシーンも。それでも最後には「今日は最後の3ホールで2バーディ奪えたのは良かった」と前を向いた。同じアマチュアとして切磋琢磨しているという森田遥が「勝さんは一度勢いに乗ったらそのまま行く感じがすごい」と認めるリズムを明日は作ることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>