<中日クラウンズ 2日目◇2日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー「中日クラウンズ」は2日目の競技が終了。昨年覇者の松村道央と韓国のイケメンプロ、キム・ヒョンソンの2選手がトータル9アンダーで首位タイに。その松村の“師匠”、谷口徹は初日3アンダー8位タイと好スタート。この日も1つ伸ばしてトータル4アンダー7位タイに浮上した。

“大人”な遼、3打差4位タイに浮上!「余裕を持って」決勝Rへ
 「年齢的にしんどいです(笑)、結構頭を使って神経を使った」と初日よりもかなりタフなコンディションにさすがの実力者も体力を削られた様子だった。この日はピンポジションが手前に切られているホールが多く「攻めると難しい。攻めるか抑えるかの葛藤があった。今日はマネジメントの勝利というよりセーフティの勝利」、無理をせずベテランらしい落ち着いたゴルフでじわりと上位に。

 教え子が首位を走っているが「松村選手はAKBの大島(優子)さんと一緒で自分からは卒業しました(笑)」と国民的アイドルグループを引き合いに出し笑いを誘った谷口。今年の合宿で「ショットがうまくなったと感じた」と松村を賞賛した。

 しかし、「去年と一昨年は予選落ち。今年は決勝ラウンドで持ち味を発揮して松村を捉えたい」と最後は教え子をつぶしにかかる本性を見せた。報道陣にリップサービスがあるときは本当に好調な谷口、残り2日間で前を走る松村たちの背をつかまえてみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>