<サイバーエージェントレディス 2日目◇3日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 千葉県にある鶴舞CCで開催中の国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」2日目。注目のアマチュアで、堀奈津佳の妹である堀琴音がトータル8アンダーで首位タイに浮上した。

LIVE PHOTOで大会2日目をプレーバック!
 5位タイからスタートした堀は3番でバーディを奪うと、5番、6番でグリーン上同じようなところからのフックラインを共に読みきり連続バーディ。7番でボギーを叩くも、9番のセカンドショットでピン横2メートルにつけバーディ奪取。良い形でフロントナインを終えた。

 後半に入ってもいい流れを継続し11番で早速バーディを奪うと圧巻は17番。「入ると思っていなかった。2パットであがろうと思っていました(笑)」と13メートルの距離からのパッティングは、今大会の堀を象徴するかのようにカップに吸い込まれ、首位に並ぶバーディ。18番をパーとして、後半でもスコアを2つ伸ばし6バーディ・2ボギーの“67”でホールアウト。トップタイで最終日を迎えることとなった。

 昨日、プロの試合で初めて60台を出した堀。その喜び覚めやらぬ今日、さらに良いゴルフで2日続けて自己最高のスコアを出した。「ほぼ100点です。運が良かったのもありますが、少しは上手くなったのかなぁ」と手放しに喜んだ。

 明日は最終日最終組でスタート。実力者の申ジエと同じアマチュアの森田遥とのラウンドだが、「2人とも自分より技術が上の人なので、優勝は考えていません。スコアを意識せず楽しみたいという気持ちでいっぱいです」と気負いはない。

 首位タイでもあくまで目標は30位以内に入ること。「明日どうなるか分からないし、この目標を達成できたら自信につながると思います」と謙虚な気持ちで最終日に臨む。姉の初優勝を現地で見ながら「うらやましいけど、自分はまだまだ」と思っていた栄冠は目前だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>